So-net無料ブログ作成
検索選択

民主「現実的な対応」 普天間共同声明 社民離脱見込む(産経新聞)

 普天間問題の日米共同声明に対して、民主党では「やむを得ない。現実的な対応だ」(中堅)と支持する声が多い。

 民主党の平田健二参院国会対策委員長は28日午前、国会内で開かれた党参院議員総会で「これからは122人のこの会派(参院民主党系会派)だけで法案を通さなければいけない。かなり厳しい局面になる」と述べ、社民党の連立離脱を前提に国会運営を進めるよう指示した。

 ただ、一連の混乱には民主党の一部からも「政権は末期的なんてもんじゃない。末期だ」(中堅)との反発も出ている。

 超党派の沖縄等米軍基地問題議員懇談会の会長で、米領グアム・テニアンへの移設を主張してきた川内博史衆院議員(民主党鹿児島県連代表)は28日午前、「辺野古の文字が入ったのは極めて残念だ。沖縄県民の心を踏みにじってしまったことを与党の一員として大変恥ずかしく思う。首相の当初の国外・県外という思いを外相と防衛相が実践しなかったのが原因だ」と語った。民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は「声明は、沖縄県民として非常にショックだ」と非難した。

 一方、福島瑞穂党首の説得をめぐって混乱の続く社民党でも、山内徳信参院議員(元沖縄県読谷村長)が「これでは旧政権と同じだ。何が地球の命を守る政治だ」と吐き捨てた。

新種の角竜類化石発見=欧州初、アジアから進出か(時事通信)
暴力団の大相撲観戦問題 「社会的に許容できず、極めて遺憾」 警察庁長官 (産経新聞)
<事業仕分け>第2弾後半2日目 産業安全技術館、開館は平日日中(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾後半の作業開始 70法人82事業対象(毎日新聞)
ブランド品300万円相当が盗難 京都(産経新聞)



高速道路無料化を維持=暫定税率廃止は削除―民主公約(時事通信)

 民主党は17日午前、党本部でマニフェスト企画委員会(委員長・仙谷由人国家戦略担当相、高嶋良充筆頭副幹事長)を開き、高速道路の原則無料化を維持し、参院選の政権公約に明記することを確認した。また、昨年の衆院選公約に盛り込んだガソリン税などの暫定税率の廃止は削除する方針で一致した。
 高速道路の原則無料化について、企画委の下に設置された成長・地域戦略研究会は、衆院選公約と同じ1.3兆円が必要と結論付けた。これについて、細野豪志副幹事長は企画委終了後、記者団に「実施時期やどの範囲を無料化するかは幅広く検討することになる。金額については財源との見合いの中で検討していく」と説明した。
 2010年度税制改正で廃止を見送った暫定税率については、政府税制調査会が打ち出した「地球温暖化対策税」に事実上衣替えした上で、税体系の簡素化や納税者の負担軽減などを含めた抜本的見直しを図るとした。 

【関連ニュース
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

補助人工心臓の女性「子供には寂しい思いを…」(産経新聞)
引きこもり殺人勃発…“爆弾”を抱える家族の実態(産経新聞)
川に性別不明の遺体 秩父(産経新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ…会見で表明(毎日新聞)
三島賞に東浩紀氏=山本賞は貫井徳郎、道尾秀介両氏(時事通信)



日医連 民主公認の新人を推薦 自民現職は支援に格下げ(毎日新聞)

 日本医師会(日医)の政治団体「日本医師連盟」は11日、東京都内で執行委員会を開き、今夏の参院選比例代表で、民主党公認で出馬予定の新人、安藤高夫氏(51)の推薦を決めた。すでに決めていた自民党現職の西島英利氏(62)への推薦は取り消し、支援に格下げした。「親民主派」の原中勝征・日医新会長の判断で方針転換した。長年の支持政党だった自民党以外の候補を推薦するのは初めてで、参院選に大きな影響を与えそうだ。【鈴木直】

 各都道府県医師連盟からは10日までに安藤、西島両氏のほか、みんなの党の元衆院議員、清水鴻一郎氏(64)の推薦があった。執行委員会では最終決定を委員長一任とし、原中氏が最終判断を下した。原中氏は執行委員会後の記者会見で「規約上、推薦候補は1人。日医の思いを実現するためには政権政党との関係を考えないといけない」と述べ、安藤氏推薦の理由を説明した。

 安藤氏推薦の決定に民主党の石井一選挙対策委員長は首相官邸で記者団に「政権与党と日医の関係がスムーズでなければ国民の健康は守れない」と歓迎の意向を示した。

 民主党側の狙いは、日医から自民党側に人とカネが流れるルートを遮断すること。当初は両氏とも推薦しないよう原中氏側に求めていた。しかし、両氏とも推薦しない場合、日医連としての存在感が薄れる懸念があった。また、関係者によれば、約20の地方組織が西島氏を推しており、これを撤回すれば組織内にしこりが残るのは必至。このため、地方組織の判断で西島氏の応援も認めることで安藤氏の推薦を確保した格好だ。

 ただ、会見に同席した藤川謙二常任執行委員は「中央の考えも踏まえて活動していただけるようになると思う」と述べ、安藤氏への支持の広がりに期待感を示した。

 これに対し、西島氏は毎日新聞の取材に「全国に支援を呼び掛け、応援してくれる仲間を増やしていきたい」と出馬の意思に変わりないことを強調した。

 事実上、地方組織を奪い合う構図だが、日医の集票力は年々、落ちており、07年には推薦候補が1人でも落選している。ある参院自民党幹部は「相当、厳しくなった」ともらした。

【関連ニュース
菅財務相:雌伏の日々「5月政変」に備え?
政府と民主党:マニフェスト議論難航 衆院選より1兆円増
谷亮子氏:参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」
民主党:小沢一郎幹事長 駐日米大使との会談認める
民主党:庄野真代氏の公認を正式決定 夏の参院選比例代表

「金に困り…」盗んだカードで30万円分給油(産経新聞)
介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)
<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)
<関西記者クラブ賞>囲碁は井山名人に 将棋は久保王将(毎日新聞)
<痴漢>埼京線全編成に防犯カメラ設置へ(毎日新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。