So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)

 やる気のある若手農家の男性と、そうした男性と知り合うことの少ない女性に出会いの場を提供する「農家合コン」を、農作物の生産から販売までを手掛ける東京都国立市の「国立ファーム」(高橋がなり社長)が始めた。

 昨年末に開かれた初合コンに参加した女性からは「いい野菜を作ろうという妥協しない姿に魅力を感じた。農家に対するイメージが変わった」といった声が寄せられたという。

 同社の男性社員が契約している農家の男性から、若い女性と出会える機会が少ない現状を聞き、高橋社長に相談したことがきっかけ。

 初の農家合コンは昨年12月20日、同社が運営する野菜レストラン「農家の台所」恵比寿店(渋谷区)で行われた。事前にホームページなどで告知したところ、女性4人の定員に、都内や愛知県から20人の応募があった。急きょ定員を増やし、女性7人と男性6人で実施した。

 参加男性が育てた野菜が料理として出された合コンでは、戦略的な農作物の作付け方法や売り方などの話で盛り上がり、2組のカップルが誕生したという。

 同社では、農家合コンを毎月開催する予定。参加条件は男性が18〜40歳で、「土づくりにこだわりがある」「将来、篤農家になる自信がある」こと。女性は33歳以下。参加料が必要。

 同社広報部の熊田裕子さん(28)は「農家は仕事で自分から積極的に動き回る『肉食系』の人が多い。農家の魅力を知ってもらえたら」と話している。

臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会(医療介護CBニュース)
1日平均患者数「入院」は減、「外来」は増−病院報告・09年9月概数 (医療介護CBニュース)
親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正−法務省研究会(時事通信)
ブルトレ「北陸」とボンネット「能登」 ラストラン間近(産経新聞)
秋葉原無差別殺傷初公判 遺族「なぜ事件起こしたのか」(産経新聞)



土地購入 小沢氏の立件視野 東京地検 虚偽記載認識か(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、衆院議員、石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに、土地代金の支払い後に不必要な融資を受けたことについて、土地代金の原資を隠すための偽装工作だったと認めたことが21日、関係者への取材で分かった。特捜部は、小沢氏が融資までの一連の行為に関与したことなどから、政治資金収支報告書に原資を記載しない意図を認識していたとの見方を強め、小沢氏本人の立件を視野に捜査を進めているもようだ。

 特捜部の調べによると、石川容疑者は、陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として収支報告書に記載せず、土地代金約3億5千万円を支出として記載しなかった疑いが持たれている。

 関係者によると、石川容疑者は調べに対し、小沢氏から土地購入を指示され、資金が足りないことから、小沢氏から個人資金4億円を借り、土地代金に充てたと供述している。

 石川容疑者は、この4億円を陸山会の複数の口座に分散入金した上で1口座に集約。ここから土地代金を支払った。その直後、関連政治団体から集めた資金と陸山会の資金を合わせて4億円の定期預金を組み、これを担保に小沢氏名義の同額の融資を受けていた。小沢氏側は当初、この融資を土地代金に充てたと虚偽の説明をしていた。

 石川容疑者はこうした複雑な資金移動について、土地代金の原資を隠すための偽装工作だったと認めた上で、偽装工作や虚偽記載の動機について「小沢先生が大金を持っていることを表に出すのはよくないと考えた」と供述した。さらに、「収支報告書は小沢先生の了解を得て提出した」とも説明した。

 ただ、石川容疑者は、小沢氏が偽装工作の意図を知らなかったと主張。小沢氏に虚偽記載の内容を伝えていないとも供述し、小沢氏の関与を否定している。

 しかし特捜部は、小沢氏が土地代金に個人資金を充てたと主張しながら、偽装工作の一つである不必要な融資の関係書類に署名していることを重視。小沢容疑者が虚偽記載を認識し、収支報告書の提出を了承した疑いが強いとみている。

 特捜部は4億円の原資について、国発注の胆沢ダム(岩手県)工事を受注したゼネコンからの裏献金とみて解明を進めている。

                   ◇

 ■小沢氏あす聴取 「資産4億超」主張へ

 東京地検特捜部による小沢一郎氏への任意の事情聴取が23日に東京都内で行われることが21日、関係者への取材で分かった。聴取時間は4時間程度になる見通し。土地代金の原資4億円の出どころや政治資金収支報告書の虚偽記載への関与の有無などについて詳しい説明を求めるとみられる。小沢氏側は1回に限って応じる方針。

 小沢氏の関係者によると、小沢氏は、信託銀行から妻子名義の資金を平成10年に約3億円引き出し、13年に約6千万円引き出したほか、小沢氏の歳費や印税などを合わせると一時期、計約7億円を都内の小沢氏の個人事務所などに保管していたという。

 土地を購入した16年10月時点では、このうち4億数千万円が残っており、これを土地代金の原資に充てたと説明するとみられる。妻への聴取に対しては難色を示している。

首相動静(1月25日)(時事通信)
岐阜・中津川の家族6人殺傷、2審も無期判決(読売新聞)
造船工場で労災事故、1人死亡…昨年1月にも(読売新聞)
春の遍路シーズンの幕開けを告げる小豆島霊場開き(産経新聞)
岐阜県白川村 合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)



<自民>2月中に参院選候補者決定 全国幹事長会議開く(毎日新聞)

 自民党の全国幹事長会議が23日、党本部で開かれ、谷垣禎一総裁は「(24日に開く)党大会を機に一致結束して政権奪還への道をともに歩みたい」と訴えた。大島理森幹事長は今夏の参院選の候補者を2月中に決める考えを明らかにした。

 これに対し出席者からは執行部批判が相次いだ。長野県連の石田治一郎幹事長は「鳩山政権の体たらくにもかかわらず、わが党の支持率が上がらない。参院選比例代表候補者の『70歳定年制』を順守しなければ、自民党が変わったと国民に認識されない」と指摘。「参院選に負けたら自民党はばらばらになり、私も県連をまとめる自信はない」と危機感を訴える声も出た。【木下訓明】

取り調べ録音テープ再生始まる 第4回公判で 宇都宮地裁(産経新聞)
病院再診料、診療所並みに引き上げを―民主議連が報酬配分で要望(医療介護CBニュース)
遣唐使船を再現、上海万博に向け5月出港へ(読売新聞)
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)



デモ参加者に催涙スプレー=17歳高校生を逮捕−警視庁(時事通信)

 デモ参加者に催涙スプレーを噴き付けて負傷させたとして、警視庁新宿署は24日、傷害容疑で神奈川県の高校3年の男子生徒(17)を逮捕した。同署によると、デモは「在日特権を許さない市民の会」が主催し、高校生は「参加者に声を掛けられてカッとなった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は24日午後1時ごろ、新宿区西新宿の新宿中央公園多目的運動広場で、デモを終えて帰る途中だった33〜41歳の男性3人の顔に持っていたスプレーを噴き付けるなどし、目を負傷させた疑い。
 同署によると、高校生は催涙スプレーについて「護身用に持っていた」と説明しているという。 

【関連ニュース】
「食べるの遅い」と暴行=長男死亡、容疑で両親逮捕
生徒に体罰、中学教諭を書類送検=平手打ち、廊下に引き倒す
南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕
兄を暴行、死なせる=自首の55歳逮捕

<消防職員>団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省(毎日新聞)
<戦艦大和慰霊碑>立て替えず修復 鹿児島・伊仙町が募金窓口に(毎日新聞)
ゲーム喫茶強盗 60万円奪う(産経新聞)
アニメ好き「将来は声優に」「控えめな子」 千葉・焼死の姉妹(産経新聞)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)



<HP掲載>補導少年49人の実名など誤って 愛媛県警(毎日新聞)

 愛媛県警は21日、同県警新居浜署のホームページ(HP)に、万引きで補導されるなどした少年49人の実名などを1月15〜20日に掲載した、と発表した。掲載期間中に該当ページに7件のアクセスがあったが、悪用されるなどの被害は確認されていないという。

 県警によると、1月15日午後、HP内にある管内の万引き少年の検挙・補導状況の統計を09年版に更新する際、7〜19歳の少年49人の実名、年齢、居住する小学校区名などのデータを誤って掲載した。20日、県警の関係団体の男性からの通報で発覚し、直ちに削除した。

 HPへの掲載は、署長の決裁が必要だが、担当者の点検作業の回数などは決まっていないという。今回は、掲載予定の統計結果を署長がプリントアウトした紙で確認したが、実名などは表記されていなかった。担当者が操作時によく確認しなかったことなどが原因としている。

 新居浜署は該当者に謝罪に回っている。米村隆将・警務部長は「2次被害の防止に全力を尽くし、再発防止対策の徹底と適正な業務の推進に取り組みたい」とのコメントを出した。【柳楽未来、栗田亨】

【関連ニュース】
常磐自動車道:自転車など投げ込む 中学生を検挙、補導
傷害:米兵の子で1人送致、3人は釈放…道路にロープ事件
沖縄・中2死亡:いじめの可能性 保護者が今春相談
大麻所持容疑:中2少女ら逮捕・補導 兵庫県警
道交法違反:常磐道に自転車と消火器を投下 容疑で中学3人、検挙・補導

立ちはだかり、つきまとい…執拗な客引き容疑で3人逮捕 東京・町田(産経新聞)
陸山会土地資金、小沢氏の妻子名義口座から(読売新聞)
石川議員「起訴されないこと望む」=現時点で処分検討せず−鳩山首相(時事通信)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
<雑記帳>500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)



「金出せ」ポケットの60円渡したら逃走(読売新聞)

 20日午後2時30分頃、徳島市西新浜町1、無職井村進さん(60)方の離れで、母屋から来た井村さんが、離れに侵入していて2階から降りてきた男に、長さ15〜25センチの先のとがった金具のような物を突きつけられ、後頭部を殴られて金を要求された。

 井村さんがズボンのポケットにあった60円を渡すと、男はそのまま逃げた。井村さんは頭に軽いけが。徳島東署が強盗致傷事件として捜査している。

 発表によると、井村さん方は4人暮らしで、当時は井村さん1人がおり、テレビを見ようと離れの部屋に移り、男と出くわした。離れは1、2階ともに荒らされた跡があった。男は30〜35歳で身長約1メートル80。白いマスクに黒いニット帽、黒色のジャンパー、ズボン姿だったという。

長崎沖現場海中に船影=10人乗り漁船遭難−長崎(時事通信)
<自民党>夏の参院選の公認候補7人を発表 青木幹雄氏も(毎日新聞)
軽乗用車使ったコンビニ強盗犯を再逮捕(産経新聞)
<新型インフル>輸入ワクチン承認へ 9900万回分(毎日新聞)
<将棋>名人戦A級順位戦 丸山4勝目(毎日新聞)



海自のインド洋給油終了、部隊は帰国の途に(読売新聞)

 【補給艦「ましゅう」艦上(インド洋北部)=水野哲也】インド洋で多国籍海軍に対して給油活動を続けてきた海上自衛隊は15日午後7時(日本時間16日午前0時)、活動の根拠となる新テロ対策特別措置法の期限切れに伴い、活動を終了した。

 15日午前(同15日午後)には、補給艦「ましゅう」と護衛艦「いかづち」がパキスタン海軍の艦艇に対し、最後の給油を行った。8年に及んだ活動はこれで終結し、海自部隊は帰国の途に就いた。

「改正著作権法」周知キャンペーン 大賞決まる(産経新聞)
インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言(医療介護CBニュース)
商店街で火災 大阪・泉大津(産経新聞)
雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
天皇陛下がお言葉=通常国会開会式(時事通信)




-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。